"XinU EP #01" CDパッケージ盤の販売を開始します

更新日:4月22日


XinU初のEP"XinU EP#01”のCDパッケージ盤を作りました。ライブ会場とオフィシャルストアでの400枚限定となります。グラフィックチームGUTSONによるパッケージデザイン、また中には歌詞も封入されています。初回サイン入りも少数販売いたします。XinU オフィシャルストアにて4月 22日(金)19時より販売開始です。6曲中5曲のマスタリングはロンドンメトロポリスのスチュアート・ホークスが担当。ぜひハイクオリティーなCD音質でも"XinU EP#01”ぜひお楽しみください。

XinU オフィシャルストア

4月 22日(金)19時にオープン

https://www.xinu.tokyo/store


XinU初のEP。自身の赤裸々な想いをビートミュージックにのせて綴る6つ短編映画 エモーショナルで繊細、かつスモーキーな歌声にのせてとどけられる楽曲。ひとつひとつの言葉が映画の情景のように飛び込んでいくる。これまでリリースしたデジタルシングル4曲を含む全6曲を収録した初のEP『XinUEP #01』(読み:シンユウイーピーシャープワン)が完成した。M-Swiftこと松下昇平をプロデューサーに迎え、JAZZ、R&B、CHILL、J-POPなど、幅広い音楽性をボーダレスに行き来するXinUサウンドが堪能できる作品となっている。



XinU EP #01

1.オモイオモワレ

2.ココカラ

3.鼓動

4.目眩

5.ただそれだけ

6.ありがとうさよなら


3,300円(税込/ 送料別)





Message from XinU

自らの挑戦に重ねた曲、自身の複雑な思いを夢中で書き綴った曲たち。1曲1曲、自分を信じたり疑ったりしながら没頭し、どれも手探り且つ体当たりな曲作りでしたが、出来上がってみるとXinUの言葉・メロディーがありました。M-Swift松下さんと共に、作曲・作詞担当関係なく、より良く面白くなるように小さな挑戦を積み重ねながら作っていきました。次の作品作りに向かっていく気持ちを自然に後押ししてくれるような1枚になったと思います。皆さんにとってどんな作品になるのか作り手の私には想像はつきませんが、ボーダーレスなXinUサウンドの中でまた次の世界を一緒に見たいと思ってくれたら幸いです。 1.オモイオモワレ

想う人に想ってもらうことって難しい。どうしようもなく好きなのに気持ちを伝えられない、口にすることすらも許されない状況もあります。私はその難しさに挫けることが多いから、歌ではひたすらに伝えてみました。


2.ココカラ

自分自身の新たな挑戦へのスタートにも重ねて歌詞を書きました。挑戦するときはいつも孤独で痛みも伴う、みんなもそうだと知っていれば少しだけ勇気が湧いてくる気がします。夢を叶えたい人の背中を少しでも押せるような一曲となれば嬉しいです。


3.鼓動

実は、プロデューサーM-Swift松下さんと出会って最初に完成した曲。場所や天気や匂いから、思いがけず記憶がフラッシュバックしてしまうことがたまにあります。伝えようか伝えないままにするか、複雑な気持ちを”何も知らないあなた”へ向けて手紙を書くように書いてみました。


4.目眩

サウンドアイデアを聞いたときから、暗闇から光を求めてもがくイメージがありました。暗闇の中に居るのは怖くて堪え難い時間だけど、もがくほど熱中出来ること自体も素晴らしい経験だなと思います。そんな気付きも記したくて書きました。


5.ただそれだけ

今回のEP#01制作で最後の最後に完成した曲。正直苦戦した…!XinUの楽曲は毎回歌詞やサウンド面で新しい挑戦をしていますが、この曲はシンプルなメロディーを出来るだけ繰り返して、そして歌詞はできるだけ繰り返さない。それで音楽として成立させていけるかに挑戦しました。結果、二つのメロディーで歌詞を紡ぐことができました。シンプルで温かなメロディーの中で、切なく発展していくストーリーも読み解いてもらえたら嬉しいです。


6.ありがとうさよなら

今回のEPで最もジャンルレスな一曲だと思います。今の自分の気持ちを大切にして、過去に捉われず次に向かっていく前向きなメッセージを込めて歌詞を書きました。歌詞をより伝えるために作ったリリックビデオも是非見てほしいです。




閲覧数:135回0件のコメント