top of page

6/4XinU、UNITワンマン公演!ダンスクルー"123crew(ヒフミクルー)が参加を発表!

いよいよ1週間をきったXinUのワンマンライブ公演にダンスクルー"123crew(ヒフミクルー)"が参加を発表!

"いつのまにか"のMVを手掛ける映像作家でありダンサーであるMaakun、そしてitsukiが率いる"123crew"が、6月4日、代官山UNITで行われるXinUのリリースワンマンライブに参加することが発表された。

振り付けは、注目を集めるダンスグループ"GANMI"に所属するshunが担当し、XinUとコラボレーションを加速させる。

生バンドとダンスチーム、そしてXinUの音楽のコラボレーションにぜひご期待ください。 123crew(ヒフミクルー)

東京を拠点に活動する総勢26名のコミュニティダンスクルー。プロダンサーとして東京を拠点に海外でも活動してきたitsuki and Maakunがディレクターとして中心となり、2022年7月に結成。

システムエンジニア、リクルート系会社員、起業家、学生、プロダンサー、映像監督、イラストレーター、カメラマン、ライター、プロダンサーの卵など、17歳〜29歳の多種多様なメンバーで活動中。ダンスジャンルはまだ呼び名も確立していない新しいスタイル。

近年”choreography”と称されることが多くなったが、中でも123crewのメンバーは、HIPHOP, Jazz, Contemporary, popping, lockingなどの背景を持ちつつも、ライフスタイルをインスピレーションにした自由で着飾らない人間らしい表現や、インプロビゼーション(即興で踊ること)、メッセージ性のある作品作りを得意とするメンバーが多い。


家族のような関係性で、ただメンバーと踊る空間・時間を楽しみつつも、『自分達がイケてると思ったことを楽しみながらクリエイトする』を活動モットーに掲げている。

自分達の活動が結果的に、ダンス界の内・外に対して波紋として広がれば本望と密かに掲げていることは、<ダンス界以外に対して>ダンス/ダンサーの可能性を広げること(中目黒のオーガニックカレー屋とのコラボ・アーティストとのコラボショーなどを過去に実施)、<ダンス界内に対して>プロ・アマ関係なくダンスを本気で楽しめる”コミュニティクルー”という新たな形式の提案。まだ概念も存在も新しい、これからの未来のためのクルー。 //Dancer

itsuki

honoka shima

Miu

Ryunosuke

myun


//Choreography

shun


//Director

itsuki and Maakun


『XinU 2nd EP Release LIVE』

2023.6.4 sun

OPEN 17:00 / START 18:00


VENUE:代官山UNIT

Live Pocketでの販売はこちら


https://t.livepocket.jp/e/0604xinu e+(イープラス)チケット販売コチラ


閲覧数:196回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ความคิดเห็น


bottom of page